カードローン審査

カードローン審査に落ちず、今すぐお金を借りるには?

カードローンの審査に通らない人~今すぐお金を借りるには

安定した収入と言う意味について考えてみる

銀行のカードローンは消費者金融と比較をすると低金利であり、お金を借りた後の支払いに含まれる利息を減らせるなどの利点がありますが、銀行の審査は厳しいと言われています。しかし、ポイントを押さえておけば、特別厳しいものではなく、簡単に利用する事が出来るようになります。

そのポイントと言うのは3つあり、ポイントの1つ目は収入が不安定な人です。これは年収としての収入ではなく、月々の収入が安定している事が条件となります。今月は20万円の収入があるけれども、先月は10万円程度しかないと言った場合は、収入が安定しているとは言えません。

安定した収入と言うのは、年収が多いとか、少ないと言う事ではなく、月々決まった収入を得ている事が安定収入とみなされると言う事です。これはお金を借りる時ではなく返済を行う時に支障をきたす可能性があるからなのです。

月々安定した収入が在ることで、毎月遅れる事無く支払いをしてくれると貸す側は考えるからで、収入が不安定の場合は、遅延や延滞を起こす可能性があるとみられてしまうのです。そのため、月々の収入が15万円しかない場合でも、安定収入として見て貰えるのでお金を借りる事が出来ると言う事です。


他社借入れ数が多い場合

審査の中でも借金がある場合は、お金を貸す側も支払いが他の金融機関を優先してしまい、自社への支払いがおこなわれなくなるのではないかと考えます。特に、他社からの借入件数が多い場合、多重債務とまでは行かなくても、支払い能力が無いと判断されてしまう事もあります。因みに、他社からの借入件数が多いけれども黙っていれば解らないだろうと申し込みをしてしまうと信頼性を失う事になるので注意が必要です。

これは申し込み者の個人信用情報を照会する事で借入件数や借金の有無などについての情報を調べることが出来るからなのです。申込書には他社借入れの有無などを記載しますが、申込書に「無」と記載して提出を行い、個人信用情報を照会したら他社借入があった事が解ればその時点で信用を失う事になると言う事です。

そのため、申込書に記載を行う時には嘘偽りの無い情報を記載しておくことが大切で、最初は少額ローンと言う形で利用する事になったとしても、月々の支払をきちんと行うことで信用もついてくるため、増資の相談などの時にも有利になって来ます。尚、借金が在る場合でも審査に落ちると言う事は在りませんが、借入額が大きい場合と借入件数が多い場合は落ちるケースが多いと言われています。


審査のポイントについて

1つ目は不安定な収入、2つ目は他社借入数が多い事、そして3つ目は勤務先が不安定で有る人や勤続年数が少ない人となります。勤務先が不安定と言うのは、短期間で転職を繰り返している人、転職をして間もない人などになります。

銀行などの場合は勤続年数が3年以上なければ申し込みをする事が出来ないカードローンも在りますし、申込書には勤続年数を記載する項目があるなど、勤続年数を重視するケースが多くあります。

勤務先と言うのは、申し込み者の支払い能力と直結する部分と言う事になります。頻繁に転職を繰り返している人と言うのは、1つ目のポイントとなる不安定な収入と同じような意味合いを持ちますし、支払いを遅延する可能性も在ると判断されてしまいます。このように、不安定な収入、他社借入件数が多い、勤務先が不安定であり勤続年数が短い人は審査に落ちやすくなります。

しかし、これらの条件以外にも落ちるケースが有ります。それは個人信用情報に問題を持つ人です。過去の借金返済で遅延をしたり、頻繁に申し込みをしている人と言うのは要注意人物とみられてしまいます。また、自己破産や延滞と言ったブラックリストの状態も同じことが言えます。
>>審査のときにチェックされる信用情報とは?

すぐにお金が必要な場合の対処方法はある?日雇いバイト、オークション、キャッシング等


お金を工面するためにできること

どのくらいの緊急度でお金が必要になったかによりますが、少額であればさまざまな方法で金策をすることができます。親や兄弟、友人から借りる方法、カードローンでお金を借りる方法、持っているものを質に入れる方法、オークションでいらないものを売る方法、ポイントサイトなどを利用して稼ぐ方法、日雇いバイトなど。
 
日雇いバイトは日払いと書いてあっても、その日のうちに支払いがあるわけではなく、1日単位で計算してくれるという意味です。バイトを探す場合は現金手渡しのものを選びましょう。身近な人から借りる場合は手っ取り早くお金を工面できますが、その後の関係に影響があることもあります。
 
オークションや質では希望通りの額にならないこともあり、また郵送が必要な場合は時間もかかります。しかし予想以上の結果になることもあります。カードローンは審査があるため、全ての人が利用できるというわけではありませんが、自分で解決できる方法として最もまとまった金額が用意できる方法でしょう。
 
 

過去に利用履歴がなければ契約できる可能性は高い

クレジットカードで延滞をしていたり、過去に信用情報を傷つけるような利用履歴がなければ、審査に通る可能性は高くなります。申し込むカードローンによっては、アルバイトや主婦など、所得が低くても契約できるものもあります。少額であればローンの金利もそこまで負担にはなりません。
 
希望限度額は必要である金額から少し高いくらいの希望にしたほうが良いでしょう。あまりに高すぎると審査に落ちてしまうことや、使いすぎてしまうことによって金利負担が大きくなる可能性があります。またカードローンは即日審査=即日融資ではない点にも気をつけなくてはなりません。
 
仮審査の結果はどこの金融機関も早い段階でわかります。そこから契約書を交わしてカードを発行するなどの事務処理で手間がかかりますので、すぐに借金をしたい場合は「即日融資」を売りにしている消費者金融や一部銀行を選ぶと良いでしょう。銀行のローンのほうが消費者金融よりも金利が低く設定されているものが多くあります。
>>即日融資も可能な三菱東京UFJ銀行カードローンでお金を借りる
 
 

借金の返済と無利息期間

カードローンによっては無利息期間を設けているものもあります。これは新規顧客に気軽に利用してもらおうというサービスの一環です。無利息ということは、会社にとっては利益がゼロばかりか、貸し出した人が破綻してしまった場合は債権回収が難しくなるため、リスクだけがあるサービスです。

無利息期間のあるキャッシング

・アコム
・プロミス
・新生銀行カードローン レイク
・フタバ
・ジャパンネット銀行ネットキャッシング
・ノーローン
 
そのため無利息期間を設けているところは非常に限られています。また、契約の翌日からスタートするところと、借入れたタイミングでスタートするところがありますので、すぐに利用しない場合は借入れたタイミングでスタートする会社を選ぶと良いでしょう。大手のローンであればコンビニのATMやネットから簡単に返済をすることができます。
 
ATM手数料がかかってしまうことがありますが、これも大きな借入負担となることがありますので、できればATMを無料で利用できる会社を選ぶと良いでしょう。銀行のローンであれば、その銀行のATMは無料となっているところが多くあります。

 

コラム

1 2 3 48